当協会は、社会インフラの検査・調査で使用されるすべての電磁波レーダ装置(その他関連非破壊検査機器)の原理や操作、判定を熟知していただくことを目的とし、広く一般に取得可能な講習会や資格制度を展開しています。

今まで当協会の講習会を受講していただいた方も含め、関連製品を製造する各メーカー、大学や他協会での実技講習の修了合格者の方は誰でも、学習された機種関係なく、受講・受験が可能です。

上記に該当されていない対象者は当協会の実施する基礎講座を受講することで資格制度に参加することが可能です。※詳細についてはお問合せください

こうした教育講習の実施を通じて、当協会は、現場の安全と探査技術者の技術向上に貢献しています。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う弊会の対応について【時差出勤・営業時間短縮のお知らせ】

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。新型コロナウイルス感染症に罹患された皆様に、心よりお見舞い申しあげます。

弊会では、新型コロナウイルス感染症における感染状況を踏まえ、感染拡大防止のため、従業員の労働時間短縮及び時差通勤、必要に応じたテレワークの実施をしております。これに伴い営業時間を下記の通りとさせていただきます。

営業時間(平日):10:00~16:30 ※電話は平常時通り(9:00~17:30)受付していますが、繋がりにくい場合がございます。ご了承お願いいたします。

皆さまにはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

今後の講習会スケジュール

現在、開催予定の講習会はありません。過去の講習会についてはこちら

資格の移行は随時受け付けております。電磁波レーダ法の知識を取得できる技能講習会を受講済みの方は、講習会を免除し、資格を移行することが可能です。

電磁波レーダ法の知識を取得できる技能講習会を受講済みの方は、「一般社団法人 日本非破壊内部探査技術協会」資格証明書への移行手続きが可能です。

移行手続きについて 更新手続きはこちら

名古屋大学・NEXCO中日本 橋梁モデル ニュー・ブリッジ

橋梁長寿命化推進室

<リンク> N2U-BRIDGE(ニュー・ブリッジ)

橋梁長寿命化推進室は、名古屋大学、中日本高速道路(株)、中日本ハイウェイ・エンジニアリング名古屋(株)の3者による事業です。橋梁の検査点検コースおよび橋梁診断士の判定試験も行っています。

橋梁の維持管理を担う技術者は是非ご活用ください。